闇金相談は弁護士か司法書士へ

実際に闇金相談をする場合、頼るべき相談先は弁護士か司法書士になる。
どちらも法律を駆使する専門家だが闇金被害を解決する方法にも詳しい。
もし仮に闇金被害に遭ってるとして、弁護士に相談したとしよう。
あなたは別に何もする必要はない。
ただただじっと解決を待てばいい。
その間、弁護士の先生が闇金業者と電話交渉する。
ここで注意してほしいことは「弁護士の交渉力」に注目することである。
闇金相談先が弁護士か司法書士だからといって、闇雲に適当な事務所に相談すればいいという話ではない。
しっかりとその事務所の特徴を見極める必要がある。
その際に役立つ記事がこれだ。
闇金相談所、チェックすべきポイントは?
どういう事務所を選べばいいのか?そのヒントを得ることができる。
仮にこの記事を参考にしながら事務所を選べばいい事務所が見つかるだろう。
そして目ぼしい事務所に相談すれば、スムーズに解決することができるだろう。
せっかくなのでザックりと説明しておこう。
まずは弁護士、司法書士であろうと無料相談があったり分割で払えたり全国に対応してたりなどのサービスがないと意味がない。
闇金との交渉に必要なのは「いかに闇金に見放してもらうか?」…その戦略である。
電話だけで、闇金にあなたから手を引いてもらわなければならない。
その難しさを克服するにはやはり先述のサービスは欠かせないだろう。
そして何より知名度が重要だ。
弁護士や司法書士の先生が闇金業者に名乗るとき、○○事務所の○○ですと言うはずだ。
その際に知名度の高い事務所名を口にするか、知名度の低い事務所名を口にするかで結果は変わってくる。
もちろん一概には言えないが、闇金業者に「うちの顧客があの有名な事務所を味方に付けやがった。もう手を引くしかないな。」と思わせる事ができれば一件落着だ。
忘れてはいけないのは債務者の個人情報は消えることがないという事だ。
消えないという事はどこかでキチッとケリを付けないと、いつまでも悪用され続けるという事だ。
だから一回でもいいので、本気で弁護士や司法書士に相談してみて根本的に解決することが、闇金被害の解決には大事なことなのではと私は思っている。
以上、私の経験を踏まえて闇金相談について書かせてもらった。
参考にしてもらえると嬉しい。

カテゴリー: 未分類 | タグ: , , | コメントをどうぞ

闇金と契約をしたら容赦はされない

実際に闇金と契約してしまったら有無を言わず一方的に取り立てを受けることになる。
闇金業者の取り立て方法はさまざまだ。
債務者の家に足を運び取り立てをする闇金…
電話で脅しまくって取り立てをする闇金…
そのどちらかだ。
前者は実際に目の前に現れるので恐ろしい。
ドアを蹴ったり暴力を振るったり、脅迫したり近所に言いふらしたり、債務者の体裁をとことんボロボロにする。
後者の場合、電話だけの取り立てだからと舐めてかかってはいけない。
契約の際に漏れた個人情報をとことん悪用されてしまうからだ。
例えば家族や職場の電話番号を悪用された場合、あなたの信用はがた落ちするだろう。
「あいつ闇金からお金借りてるのかよ」
「全く迷惑な野郎だ」
そんな感じで腫れもの扱いされるはずだ。
他にも住所を利用された場合、勝手にデリバリーを頼まれたり消防車を呼ばれたりなど悪質な嫌がらせを受けることになる。
実際に闇金業者と顔を合わせようが合わせまいが、受ける被害はどちらも酷である。
さて個人情報もバレ、相手の言いなりにならざるを得なくなった状態でどう解決すればいいのだろうか?
その秘密は次回の記事でお話ししよう。

カテゴリー: 未分類 | タグ: , | コメントをどうぞ

昔から金融界に居座る悪魔「闇金」とは一体?

闇金ウシジマ君という漫画がある。
この作品は日本の闇を明確に、そしてシリアスに表現した漫画である。
この漫画をキッカケに闇金の存在を知った人も少なくないのでは?
ただ多くの人は何となくでしか闇金の実態を知らない。
お金を人から取り立てる人…
怖い人…
暴力や脅迫を平気でする人…
債務者の命を軽く扱ってる人…
イメージは人それぞれだろう。
しかし今回はせっかくなので闇金の正体を暴いていこうと思う。
これをきっかけに闇金には近づかないよう心に誓ってほしい。
まず闇金とは貸金業登録をせずに貸金業を営んでる違法集団のことを指す。
もちろん中には正規の貸金業に並んで貸金業登録をしている闇金業者もいる。
ただそのほとんどは貸金業番号などを偽って表示してる闇金が多いので、それは除く。
さて日本の法律を完全無視して違法行為を働く闇金だが、なぜ彼らは捕まらないのだろうか?
その理由は携帯電話にある。
闇金業者の多くは携帯電話のみを所持して取り立てをしている。
例えば広告やチラシ、立て看板やガードレールの貼紙、ダイレクトメールや電話でまずは顧客を集める。
もちろん自分たちの事を闇金業者だと明かして宣伝することはない。
ほとんどが怪しまれない会社名で自分たちの事務所を宣伝している。
そこに記載されてる電話番号などから顧客がコンタクトをとってくれば取り立ての開始となる。
それまでに顧客の名前や電話番号、住所、家族や職場の情報などありとあらゆる個人情報を搾取する。
もちろん怪しまれないようにだ。
実際に闇金被害に遭った人の多くはここで気づかなかったことが原因で被害に遭う。
恐ろしい話だ。

カテゴリー: 未分類 | タグ: , | 1件のコメント